敏感肌にも、種類があります。一口に敏感肌(石鹸やシャンプー、化粧品など、様々なものに気をつけなくてはなりませんね)といっても、そのタイプはさまざまです。女性に特に多いのは、ストレスや睡眠不足、体調不良、生理や妊娠・出産などによるホルモンの変化、ダイエットなどの色々な影響で、肌のバリア機能が弱まり、肌の感受性が高まって敏感になってしまうというものです。季節の変わり目で気温や湿度が変化する時、転職や引越しなどで環境が変化した時にも、同じように一時的に敏感肌になってしまうことがあります。日光湿疹のように、日差しを受けると炎症を起こしたり、花粉や冷暖房機器、パソコンの電磁波が影響する場合もあると言われています。次に、アレルギーが原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)になっている場合です。これは遺伝的な要素も大きく、アレルゲンが角質層の内部に入り込み、過剰な免疫機能が働いてしまうことで防御反応として肌が炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)を起こします。どのような物質がアレルゲンになっているのかは、個人により違っていらっしゃるのでに、病院で検査をしてもらうなど、皮膚科のドクターの元で治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行う必要があります。洋服のタグや、衣類、貴金属、動植物、化学製品などに接するとかぶれの症状を起こす、接触性皮膚炎というタイプもありますね。また、最近よく聞くのは、乾燥性敏感肌です。肌のバリア機能や角質層の水分(あるものに含まれている水のことです)を保持してくれるセラミドが不足しがちな状態になってしまい、肌トラブルを起こしてしまうものです。また、アトピー性皮膚炎を代表とする、色々な原因が複数絡まり合った敏感肌というものもありますー